作りたかったカード

私が今、使用しているクレジットカードは、可愛らしいキティちゃんカードなのです。

実は、私は、カードに抵抗があり、大人になっても、しばらくは現金主義で過ごしていました。

そんな私に、カードローンを組む日がやってきました。その時は、お店の人にすすめられたカードでのローンを組みました。そんな私が、今まで、作りたかったカードがあります。

私は、ある芸能人が好きなのですが、その芸能人の掲載されたカードです。あるライブ会場でそのカードの存在を知り、早速、作りにそのコーナーへ向かいました。

が、なんせライブに来ていたため、身分証明などは持っておらず、結局、作れなかったので。

カード会社も特典も様々あり、何がいいかは良く分からない。ただ、その芸能人のカードなら作りたかった。

一般人には、その程度なんだと思います。

現在、私は、必要経費として消費者金融でローンを組んでいます。

まだ社会人になりてたの頃、「ブランド物の財布が欲しい」と急に思うようになりました。

その時1人で買うのも勇気がいったので、姉・従妹の2人にもお店への買い物を付き添って貰いました。やっと気に入った財布を手にし、嬉しさ・満足感に浸っている時にお店の方から「お支払どうしますか?」と聞かれました。

もちろん当時の私の給料では一括で買う事が出来ず10回払いのローンを組むことにしました。

私はローンに手数料(利息)がかかることを知りませんでした。あとでわかったのですが、大体は2回までは無料らしいです。あの場で私だけでなく姉や従妹もテンションがおかしかったようで誰もその事には気が付きませんでした。

よくよく考えたら2回払いにしておいて、あとから自分でコツコツ支払っていけば手数料を支払わずに済んだのに。

店員さんはそこまで教えてくれません。これは私がローンに対して無知だったことが原因でした。でもこの経験があったおかげで今は一括払いのみです。

毎月の支払い明細での手数料。見なかったことにしています。
しかし、カードローンがあるから、働く。これもリアルな感想です。

私のカードローンの使い方、それはクレジットカードみたいな感じです。
ならクレジットカードで良いのではないかと思われるでしょうが、現金が必要なことが何回かあったのでカードローンの方を選択しました。

で、使い方ですが、基本は欲しい物があった時にカードローンでお金を借りて、それを分割で返すという感じです。

クレジットカードとの違いは、商品を買う時に現金か現金じゃないかという違いのみです。現金一括での購入だといろいろ割引があったりすることもあるので、個人的にはけっこうおすすめです。

返済は大体四~五回で終わる感じで、利息が多少高い時もありますが・・・何回か使っていると消費者金融が提供している独自のポイントが貯まったりするサービスがあって、無利息期間と交換出来たりして結果クレジットカードより低い金利なんてこともありますのでけっこうお得です。

返済は銀行引き落としにしておけば自分でやることは何も無いですし、よかったら一度試してみて下さい。

ただ、家族がいる場合はカードローンを繰り返すとけっこう心配されますので注意が必要です。

ゼロファースト契約しました

以前、デパートの丸井系列の消費者金融「ゼロファースト」でカードを作りました。

最初のきっかけは、一人暮らしを始めたタイミングで近所にスーパーや商店街が全くないことに気づき、ドンキホーテに行くまでの足が必要になったので運転免許の取得資金とバイクの購入資金欲しかったのです。

引っ越し直後で手元に全然お金が無かったのでキャッシングの存在を知って無人ATMのある店舗に向かいました。8畳くらいの部屋にATM2台だけが置いてありまして、その横に新規契約のパンフレットが沢山あったので持ち帰り、郵送で契約しました。

2週間くらいかかりましたが、低収入のフリーターでしたが、バイト先に在籍確認の電話などが来ることもなく、簡単にカードを作ることができましたね♪今の時代は借入上限の法律などが厳しくなったので考えられないですね(汗)

返済額の上乗せがいつでも自由にできたので、沢山返したい時に返せるというすごく融通の利くカード会社でしたね。

立ち位置によって見える風景はさまざま

最近では業界自体が自粛しているのか、派手なテレビコマーシャルはあまり見られなくなったような気がします。

シェイクスピアの『ベニスの商人』ではありませんが、「金貸し」という言葉の響きは良い物ではありません。そのイメージを払拭するために行われていという面もあるでしょう。

借金自体にも良いイメージは望むことはできないでしょうが、必要悪だと言われてもその存在を否定することはできません。

金融が存在しなければ現代の社会の円滑な運営は不可能なのです。止むを得ない急な出費を強いられるということは誰にも起こり得ることで、消費者金融を使ったことは私自身はありませんが、そのおかげで助けられた経験のある方は周囲に必ず居られるはずです。

現実に日々の支払いに追われている立場の方からすれば、「無駄銭を使うのならその分、我々の金利を下げろ」と思われることでしょう。立場が代われば人の考え方が違ってきて不思議はありません。

最後に一つ。「サラリー」の語源はラテン語の「塩」に由来しています。

古代ローマを根底から支えていたローマの兵士達に与えられていたそうですが、命をつなぐとい観点では、サラリーとお金が並んでいると考えるとミスマッチではない気もします。

英会話の費用を払うためキャッシング

数年前、自分の意思で一度だけキャッシングをしたことがあります。英会話を習い始めたので、どうしてもまったお金が必要だったのです。

最初はクレジットカードの分割払いを利用する予定でした。しかし、私の持っているカードが、その英会話教室の提携しているカードではなかったため、分割払いができませんでした。それで仕方なくキャッシングをしたのです。借りた金額は10万円ほどで、翌々月に出たボーナスで無事に完済することができました。

英会話の方は順調に、それから二年ほど習い続け、それなりに会話ができるようになりました。そのお陰で外資系の企業に転職することができました。あの時思い切ってキャッシングして、本当に良かったと思います。

もし、お金が払えなかったら、あそこで英会話スクールに行くことはありませんでした。思い返しても、本当によかったです。

キャッシングというと悪いイメージしかありませんが、本当に必要なものにかけるお金なら、利用するのもありだと思います。

便利だけど後が怖そう

キャッシングって便利だけど後が怖そうです。なぜそう思うかというと年率が高いからです。

大体どこの会社も18.0%というところが多いですがそれが法律で決まっているから?なのかもしれませんが、それは1万円を借りたら1800円プラスして返さないといけないということになるのでしょうか。

やっぱり普通に高いと思います。多分ですが銀行のカードローンとかのほうが安く済みそうです。できたらこういう所ではお金を借りたくないのが現実でしょうがとても簡単に借りられるので利用している人はたくさんいると思います。

何といっても今の時代はコンビニATMで簡単に借りられてしまうのでお金がなくてもすぐ借りられてしまうからです。

今の給与事情ではどちらかというと高所得者よりは低所得者のほうが多く、毎月のお給料では生活がぎりぎりの人がたくさんいるであろう中でキャッシングという便利なものがあるとついついお金を使いすぎてしまっていつの間にか限度額まで借りている人がたくさんいそうですが借りるのは簡単、返すのが大変なのがキャッシングの恐ろしいところです。

できれば年率も低所得者に合わせてものすごく低くしてくれるととてもありがたいのではないかと思ってしまいます。

消費者金融の業績は回復するのか

そろそろ過払い金請求が峠を超えてこれから下火になっていく時期が来るようです。

過払い金請求が下火になる理由は過払い金の請求権の時効が次々に来るからです。

過払い金の違法性を認めた最高裁判所の判決が2006年、その判決を受けて2007年に貸金業法の改正が決まりましたから、この辺りからの過払い金はほとんど現れないと考えられます。

しかし、過払い金請求の時効は最終返済日を基準としますので、すぐになくなるわけではありませんが、これからどんどん減ってくるのは間違いないでしょう。

そうすれば、消費者金融の業績を圧迫していた過払い金返還もどんどん少なくなってくることが考えられますから、消費者金融の業績は回復に向かうようになるでしょう。

全体的に以前と比べると消費者金融の元気がないように感じますが、過払い金請求が全て終わった時には消費者金融は以前の勢いを取り戻すことができるのでしょうか。

それとも、悪いイメージを引きずったままになっているのでしょうか。

消費者金融と銀行との違いが分からないまま・・・

銀行系のカードローンの審査に落ちたので、一応物は試しで消費者金融の方にも申し込んでみました。

どちらも同じようなものなので、まぁ無理だろうなと思ったのですが、何故かあっさりと審査に通りました。けっこう驚きです。

イメージでは消費者金融の方が審査って厳しいんじゃないかと思っていたのですが、審査で重視するところが違うのかも知れませんね。おかげで助かりましたが、ちょっと謎が残りました。

で、返済なんですが、今は銀行口座の引き落としが選べるんですね。これはとても楽で良かったです。自分の好きなタイミングでお金を入れておけば、後は勝手に引き落としてくれます。

余裕のある時は少し多めに入れたりしておけば、何か月かに一回はその余りの合計で賄えたりします。なので、けっこう余裕な感じで返済することが出来ました。

とくに問い合わせなどしていませんし、サポートも利用したことが無いのでその辺はどうか分かりませんが、消費者金融を利用してみた感想は・・・銀行との違いが分からないという感じです。

もっと明確な違いがあると思ったのですが、その辺が分からないまま完済してしまいました。